2017年2月28日火曜日

2月27日 月曜日 21:00~

ゴルフは頑張った人に頑張っただけの
ご褒美をくれるスポーツではない。

頑張らない人でも褒美がもらえることもある
という理不尽なスポーツである。

頑張らないで褒美をもらった人は、
それを実力だと勘違いして、あとで痛い目に合う。
技術はさぼると逃げていきますから・・・・・中部銀次郎

100球
5W ×60球  AW×40球
バット素振り(左)×20回
スピードアシストトレーニング×0回
バット真剣素振り×100回(2015610日~累計14,145回)
連続10回バット素振り×1(201668日~累計930回)
2010年2月~累計練習打球数:211104


アプローチウェッジのヘッドの重さで振り下ろすショットで、ゆっくりしたスウィングのタイミングを作り、そのあとで5番ウッドの練習をしました。


芝の上にあるボールを、芯でとらえ強い球を打つことへの憧れ👀〰💕です。
3月いっぱいの練習課題は、バットの素振り累計15000回まで到達すること、5番ウッドが打てるようになること、50ヤードのアプローチを確実にできるようにするです。


あと1ヶ月の間、時間を有効に使ってステップアップする努力をしようと思っています。
Ki 銀次郎

2017年2月27日月曜日

2月26日 日曜日 10:00~

ゴルフは頑張った人に頑張っただけの
ご褒美をくれるスポーツではない。

頑張らない人でも褒美がもらえることもある
という理不尽なスポーツである。

頑張らないで褒美をもらった人は、
それを実力だと勘違いして、あとで痛い目に合う。
技術はさぼると逃げていきますから・・・・・中部銀次郎
590球
ドライバー×20球  5W ×65球   
 7鉄×35球 9鉄×100球 
SW×100球 AW×120球
9鉄チップショット×150球
  
バット素振り(左)×20回
スピードアシストトレーニング×0回
バット真剣素振り×0回(2015610日~累計14,045回)
連続10回バット素振り×0(201668日~累計920回)
2010年2月~累計練習打球数:211004

今日も横浜旭ファミリーゴルフ練習場に来ました。
練習始めはチップショットから打ち始めました。
小さなスウィングから始めました。


次にサンドウェッジとアプローチウェッジで50~60ヤードのアプローチを練習しました。ときどきフルショットで打ちます。ヘッドの重さで振り下ろすことを意識しました。


苦手な5番ウッドもたくさん打ちました。
今年こそは、5番ウッドでロングホール2オン狙いを狙っています。

自分の人生は自分でつくるもの


悩みがあってもないような顔をしてください。
いつも幸せ🍀そうにして前向きな言葉を言ってください。

嫌な顔をしないでください。
「あなた苦労したことないでしょう」と言われたら勝ち!✌


顔とか、言う言葉が苦労に負けていない。
やるぞと決めた人に必ず奇跡がおきる。🍀😌🍀


明日からでも奇跡が起き出す顔晴れ☀
つねに成長している人間は、いつもなにかしらの困難に直面している。


これは不運だからではなく、その人がいつでも新しいことに挑戦しているからだ。
特技なんてなくて良い。失敗だらけでも良い。学歴がなくったって良い。
挑戦できる心と笑顔があればそれで良い。なんでも挑戦することが大切なんです。


とにかく努力を重ねる人、楽しみながら夢中になる人。目的に対して熱を持ち、夢中になれる人って、本当に一直線なんですね。
意欲を持って生きるということはとても大切なこと。


情熱的な人は、そうでない人よりも幸せな人生を送る可能性が高い。
やる気や情熱という前向きな気持ちがあり、自分の人生は自分で作っていくという気概に溢れているから。
なりたい自分に精進していく人生とあきらめてしまう人生。あなたならどっちがいい?

ピーターたちのゴルフマナー

サー・マイケル・ボナラック
ゴルフ本来の姿を楽しむためには、マナーと礼儀をわきまえることが大切。


夏坂健
ゴルフは自分の性格が最悪の形で露呈されるゲームだけに、
まず求められるのが礼儀作法の数々。



気づかないうちに困ったプレーヤーになっていませんか?

これがゴルフマナーの世界基準です。
第5章 人間関係

◆不作法を注意する勇気と誠意
自分たちがアドレスに入ろうとしているのに大声でしゃべる後ろの組。隣のホールから断りもなく入りこんでくる人。打ち込んできたのにきちんと謝罪しない人など。


自分の仲間や後輩には注意できても、ほかの組のしらない人の不作法はなかなか注意しにくいもの、そう思いがちだが、案ずるほどではない。


不作法への注意、忠告、抗議は、こちらが正論だ。恥をかかせるのが目的ではなくて、教える、気づかせるのが目的である。


紳士淑女同士という前提、怒鳴ったり叱ったりするのではなく、「ちょっと注意してください」「お願いします」という口調で言えば言いやすいし、相手のほうも聞き入れやすい。それでも十分に恐縮し、反省するはずである。


注意、忠告は、付き合いのひとつの行為だと考えるとよい。友好的で創造的でなければ意味がない。


相手の「失礼」「すみません」の言葉を確かめたあとは、「よろしく」「どうも」を交わし、フレンドリーな「了解」の仕草ができる展開になるのが望ましい。


ゴルファー同士なら、そうならなければおかしい。
鈴木康之

2017年2月25日土曜日

2月25日 土曜日 9:00~

ゴルフは頑張った人に頑張っただけの
ご褒美をくれるスポーツではない。

頑張らない人でも褒美がもらえることもある
という理不尽なスポーツである。

頑張らないで褒美をもらった人は、
それを実力だと勘違いして、あとで痛い目に合う。
技術はさぼると逃げていきますから・・・・・中部銀次郎

555球
ドライバー×40球  3W ×50球  
5鉄×20球 7鉄×40球 PW×40球 
SW×100球 AW×265球
  
バット素振り(左)×20回
スピードアシストトレーニング×0回
バット真剣素振り×0回(2015610日~累計14,045回)
連続10回バット素振り×0(201668日~累計920回)
2010年2月~累計練習打球数:210,414


横浜旭ファミリーゴルフ練習場で3時間打ち放題で練習しました。アプローチウェッジでチップショット、50ヤード、フルショットを中心に練習しました。

トップから振りおろすときに、ヘッドの重さでおろすことを意識て振りました。

苦手な5番ウッドも練習しています。今年はパー5のホールは2オンすることが目標です。

打ち放題の練習場なのでバットは振りませんでしたが、昨夜振り過ぎたせいか背筋はガチガチです。
けれど振るしかない。
ki銀次郎

◆いつもポケットに忍ばせたい名手の言葉

関連画像

~死ぬ気で目標を定めなさい~

テイク・デッド・エイム

トム・カイトやベン・クレンショーを育てたコーチとして知られるハービーペニック。その彼が、やはり教え子であり全米女子オープンの18ホールプレーオフに臨む、ベッツィ・ロールス宛てた1行の電報がこの言葉だ。


いったんボールに向かってアドレスしたら、その瞬間、そのボールを打つことが人生で最も大切なことだと思え、ということ。


そして死に物狂いで目標をみつけ、それに狙いを定める以外には何も考えてはいけないことを論した。ロールスは師の言葉を噛みしめ、見事プレーオフに勝ったのである。
【ハーヴィー・ペニック】

1905年生まれ。ツアーで活躍後、全米初のティーチングプロとなる。テキサス大学のゴルフ部のコーチを務めるなど、男女多くのツアープロに影響を与えた。

2月24日 金曜日 22:00~

ゴルフは頑張った人に頑張っただけの
ご褒美をくれるスポーツではない。

頑張らない人でも褒美がもらえることもある
という理不尽なスポーツである。

頑張らないで褒美をもらった人は、
それを実力だと勘違いして、あとで痛い目に合う。
技術はさぼると逃げていきますから・・・・・中部銀次郎

128球
ドライバー×10球  3W ×10球  
5鉄×20球 7鉄×20球 SW×30球 AW×38球
  
バット素振り(左)×20回
スピードアシストトレーニング×10回
バット真剣素振り×128回(2015610日~累計14,045回)
連続10回バット素振り×1(201668日~累計920回)
2010年2月~累計練習打球数:209,859

気温は7℃だというのに雪が降ってきました。
今日も気合を入れて練習です。
明日のことは考えずバットの素振りを打った球数と同じ128回振りました。

累計14000回を超えたので、3月末までに15000回振ることを目標にして、今年最初のコースへ臨むつもりです。

残された1ヵ月間で、アプローチとパター練習にも時間を使うつもりです。
だんだん強い球が打てるようになってきました。
頑張ります。
ki銀次郎

2017年2月23日木曜日

2月22日 水曜日 19:00~

ゴルフは頑張った人に頑張っただけの
ご褒美をくれるスポーツではない。

頑張らない人でも褒美がもらえることもある
という理不尽なスポーツである。

頑張らないで褒美をもらった人は、
それを実力だと勘違いして、あとで痛い目に合う。
技術はさぼると逃げていきますから・・・・・中部銀次郎
265球
ドライバー×25球  3W ×30球  4鉄×10球
5鉄×25球 6鉄×10球 7鉄×20球 8鉄×10球
9鉄×10球 PW×10球 SW×25球 AW ×80球
9鉄チップ×10球  
バット素振り(左)×0回
スピードアシストトレーニング×0回
バット真剣素振り×0回(2015610日~累計13,917回)
連続10回バット素振り×0(201668日~累計910回)
2010年2月~累計練習打球数:209,731


今日もゴルフの練習!
バットはワイドゴルフ横浜に忘れてきたので、バットの素振りはお休み。😂


サンドウェッジの50ヤードのスウィングでアプローチウェッジで60ヤード弱の距離を確認しながら繰り返し打ちました。


昨日気づいたウェッジのヘッドの重みで下ろしてくるスウィングを思い出しながら打ちました。球は上がり安定したショットを繰り返し打つことができます。



そして、ウェッジでのアプローチショットも、ボールに対してヘッドを入れる場所を見つけたので、同じ音で同じショットを打つことができるようになりました。


パター練習も80球やり、4月のシーズンインまでにアプローチとパットをしっかり練習しようと思います。
Ki 銀次郎

2017年2月22日水曜日

WINN DRY TACグリップ交換


WINN  DRY  TACグリップの特徴
キング・オーバー・ミッド・スタンダードの各サイズを揃えています。
ひとまわり太く、しっかりと握れる
ベタベタしない吸着力とSOFT FEELを併せ持つ最高級グリップです。
自然に手や腕の力が抜けてなめらかなスイングを可能とするキングサイズ。
インパクトの衝撃を吸収する驚くほどソフトなwinnのグリップは、
アマチュアにとって習得が難しい『やさしくグリップする』ことを
自然にマスターできる高機能グリップです。
(><)
ソフトラバータイプで、とにかく太いグリップが好みの方におすすめです。私はドライバーに装着してみました。指とグリップの接着面積は最大限かと思います。
Ki 銀次郎

2017年2月21日火曜日

2017年2月21日 火曜日 8:00~

ゴルフは頑張った人に頑張っただけの
ご褒美をくれるスポーツではない。

頑張らない人でも褒美がもらえることもある
という理不尽なスポーツである。

頑張らないで褒美をもらった人は、
それを実力だと勘違いして、あとで痛い目に合う。
技術はさぼると逃げていきますから・・・・・中部銀次郎

550球
ドライバー×10球  3W ×25球  4鉄×25
5鉄×25球 6鉄×25球 7鉄×25球 8鉄×25球
9鉄×25球 PW×50球 SW×215球
9鉄チップ×50球  7鉄チップ×50球   
バット素振り(左)×0回
スピードアシストトレーニング×0回
バット真剣素振り×0回(2015610日~累計13,917回)
連続10回バット素振り×0(201668日~累計910回)
2010年2月~累計練習打球数:209,466


今日こそ打ち放題でアプローチの練習をしっかりやろうと横浜旭ファミリーゴルフ練習場に来ました。

準備体操を兼ねて、9番、7番アイアンでチップショットを50球ずつ打ちました。ただ打つだけでなく、左右3,4ヤード先に転がっていいるボールを落下点に見立てて練習しました。

次にサンドウェッジを215球打ちました。15,30,50,ヤードを10球ずつ打ったり、1球こどに距離を変えて打ったりしました。




サンドウェッジを打っていて、いい音で打てていい球が飛んでいくときは、ヘッドの重みで振り下ろしたときだということをおもいだしました。

この打ち方でアイアンも打つということを思い出し、9番アイアンから25球ずつ打ちました。

しかし、ヘッドが薄くなり軽くなってくると、ヘッドの重みで振るのが難しくなりました。

また、サンドウェッジで50ヤードを打つスウィング幅で、5,7,9番を打って何ヤード届くかを体験し覚える努力をしました。

4月のコンペが今年のシーズンインなので、アプローチ中心に練習を重ねるつもりです。
Kiginjirou

人生の決断!


◆人生では何を選ぶか常に自分で決めなければならない。


「楽な道」を選べば見える景色はいつも同じ、
「楽しい道」を選べば見える景色はいつも変わる、


「他人」に期待すればイライラする方へ流され、
「自分」に期待すればワクワクする方へ導かれる。


「自分はダメ」と考えれば未来は暗い方へ流され、
「自分のタメ」と考えれば未来は明るい方へ導かれる、


「できない」と思えば限界が形作られ、
「できる」と思えば可能性が形作られる。


「不満」ばかり言っていると足を引っ張る人になり、
「感謝」をたくさん伝えれば、手を引っ張る人になる。

2017年2月20日月曜日

2017年2月20日 月曜日(10:00~)

ゴルフは頑張った人に頑張っただけの
ご褒美をくれるスポーツではない。

頑張らない人でも褒美がもらえることもある
という理不尽なスポーツである。

頑張らないで褒美をもらった人は、
それを実力だと勘違いして、あとで痛い目に合う。
技術はさぼると逃げていきますから・・・・・中部銀次郎

257球
ドライバー×20球  3W ×30球  5鉄×30球  
7鉄×30球  AW ×70球  SW×77球   
バット素振り(左)×0回
スピードアシストトレーニング×0回
バット真剣素振り×5回(2015610日~累計13,917回)
連続10回バット素振り×0(201668日~累計910回)
2010年2月~累計練習打球数:208,916

さあ!練習するぞ!と気合いを入れて横浜旭ファミリーゴルフ練習場の3時間打ち放題へと遠征しました。50球ほど打っていたら場内アナウンスが入った。「強風のためクローズさせて頂きます」というのだ😂
気持ちがおさまらないので打ち放題の練習場を探し移動することにしました。

戸塚のワイドゴルフ練習場へ事前に電話して確認してからきたのだけど、なっ!なっ!なんと、ここも15分足らずでクローズのアナウンスが入った😂😂😂


仕方がない、強風でも営業しているのは、同じ戸塚区内の名瀬グリーンゴルフ練習場しかない。移動だ!

ここは打ち放題じゃないからなぁ~😆100球打ってあとはバットを振ろうと思って打席で練習開始!

アレ?バットが無い😱車のトランクかな?(?_?)無い😱
ワイドゴルフ練習場に忘れて来た。😱😱😱

直ぐに電話して確認したら、忘れてきたらしい。更に自分の宝物ジャンバティストのウェッジ2本も忘れていました。無事にあることを確認したので落ち着いて練習しました。

サンドウェッジで50ヤードのアプローチが、ここに来てやっとまともに打てるスウィングとボールの位置をみつけることができた。今日も偶然とはいえ3球ピンに当たりました。1球は間違いなくカップインするショットだった。

今日はせっかく練習場を3軒はしごしたので、最後はパター練習を30分やって今日の練習を終わりにしました。バットを忘れたので素振りはお休みです。
Ki 銀次郎

ピーターたちのゴルフマナー(鈴木康之)

◆打ちっ放し練習場でショットとパッティングの実技練習

①ティアップしたボールはもちろん、マットの上のボールが前方へ飛球となって上がるまで。

②ショートアイアンとミドルアイアンで、そこそこのショットが5、6球は連続するようになるまで。

③バンカー練習場で、バンカーからの脱出ができるようになるまで。
以上①~③はレッスンプロまたはローハンディキャッパーの人について教わることが望ましい。

④練習グリーンか家のじゅうたんの上で1メートルと、7
、8メートルのパットがコンスタントに打ち分けられるまで。

◆ミニコースで作法と要領の習得。
⑤ショートホールコースでラウンド練習を数回重ねるまで。ティインググラウンドでは、上がり下がり、ティペッグの扱い方、打つ順番。バンカーの出入り、レーキでのならし方、ディボットマークの直し方。グリーンではスパイクシューズの歩き方、ボールマークの直し方、そして、そのホールのギブアップの仕方などが必須科目である。

◆ルールブックでエチケットとルールの基本学習。
⑥書店でもっともなじみやすそうに見えるゴルフ入門書を買い、一度は通読すること。ルールに関しては少なくとも第一章『エチケット』を読み、かつ理解すること。
⑦安全なプレー。素振りに注意。他のプレーヤーの前方へ出ないこと。
⑧他のプレーヤーへの配慮。真後ろに立たない。動かない。声や音を出さない。
⑨静かに楽しむこと。ミスショットしても、蛮声や嬌声を発しないこと。
⑩スピーディーに、てきぱきと振る舞うこと。
⑪用語の正しい定義と、基本的ないくつかのルール。
⑫ゴルフ場での常識的な装い。エチケットやマナー、要領や段取りには、そうしなければならない理由、そうするとトクする理由がある。ビギナーにはその理由を話し、納得させて覚えさせることが効果的でである。本書が一つ一つの作業をできるだけ理由を書き添えて説明しているのは、そのためである。
鈴木康之

2017年2月18日土曜日

2017年2月18日 (土曜日 10:00~)

ゴルフは頑張った人に頑張っただけの
ご褒美をくれるスポーツではない。

頑張らない人でも褒美がもらえることもある
という理不尽なスポーツである。

頑張らないで褒美をもらった人は、
それを実力だと勘違いして、あとで痛い目に合う。
技術はさぼると逃げていきますから・・・・・中部銀次郎


120球
ドライバー×20球  6鉄×30球  8鉄×30球  
SW×40球   
バット素振り(左)×20回
スピードアシストトレーニング×10回
バット真剣素振り×72回(2015610日~累計13,912回)
連続10回バット素振り×1回(201668日~累計910回)
2010年2月~累計練習打球数:208,659

昨日発見したアプローチの「これ!」を忘れないために練習場にきました。サンドウェッジで40球一番手前のグリーンを狙って打ちました。


40球打って納得のいかない当たりは1球だけだった。今日も1球デッドにピンフラッグに当たりました。これは本物なのか?グリーンに落ちるとスピンが効いてボールが止まります。これは発見かも知れない。


バットでの素振りも72回、4月のシーズンインまでの目標は15000回です。残り1088回なので達成できそうです。
これからも、切磋琢磨して、キレのあるスウィングができるようになる努力をしようと思っています。
Ki銀次郎